結婚をすることのメリットとデメリット

結婚に踏み切れない・・・

結婚をしたいと思っているのだけれど、ついつい結婚のメリット・デメリットを考えてしまって結婚に踏み切れないという人を見かけます。結婚したいと思ったり、やっぱりやめておこうと思ったりの繰り返しで気持ちはいつもグラグラ状態。


結婚は人生の一大事ですから、安易に決断することはできませんし、気持ちが揺れ動くのも当たり前といえば当たり前のことかもしれません。特に、結婚したことによるデメリットなんて考え始めたら、一人のほうが気楽でいいかも・・・なんていう気分になって、結婚に踏み切れなくなってしまうのも無理はありません。

結婚すると自由を失う?

平成17年に厚生労働省が発表した「結婚のデメリットについての意識調査」をみてみますと、自由になる時間が少なくなる、行動が制限される、家族扶養の義務と責任が生まれるといったことを、結婚のデメリットと考えている男女がとても多いことがわかります。


女性は年齢を問わず、「自分の自由になる時間が少なくなる」ことが結婚の一番のデメリットだと考えているようですが、男性より10ポイントも多いというのは意外です。女性の場合、結婚するとどうしても家事や育児に時間を取られ、自由を奪われてしまうことになりかねませんから、そのことに対する警戒心なのでしょうか。結婚後も仕事を続けたいと思っている、経済的にも自立可能なキャリアウーマンなどは、なおさら結婚によって自由を失いたくないと思っているのかもしれません。


その他には「自由になるお金が少なくなる」とか、「恋愛が自由にできなくなる」というものがありますが、きっと独身時代を謳歌している方たちの回答なのでしょうね。


一人じゃないってステキ

結婚はもちろんデメリットばかりではありません。結婚をすることで得られるメリットもたくさんあります。結婚の一番のメリットは、なんといっても「一人じゃない」ということに尽きるでしょう。結婚することで精神的な安定を得られる、人生の喜びや悲しみを分かち合える人と共に暮らせるということが結婚の一番のメリット、そう考えている方がやはり多いようです。結婚をすることで得られる心の拠り所は、何にも換えがたいものですよね。


表を見ると、未婚の男女のみならず既婚者の多くが、結婚の最大のメリットを「心」の中の問題として捉えているのは、なんだか微笑ましく思えたりもします。


結婚するメリットを問い直して

結婚の条件として常に上位に挙げられるのは、収入や学歴、容姿といったものですが、結婚することの最大メリットである心の問題は、そうした表面的な判断基準だけで結婚相手を選んでも、決して得られるものではありません。


山あり谷ありの長い人生を乗り越えてゆくためには、どんな時でも支えあうことのできる、深い愛情と信頼が大切になってきます。結婚するメリットってなんだろう・・・それをじっくりと心の中で問い直してみることで、どういう人が結婚相手としてふさわしいのか、おのずと答えが出てくるように思います。結婚のメリットを最大限享受しようと思うなら、なによりもお相手の人間性をしっかりと見極めることが大切です。

QLOOK ANALYTICS