お見合いはネットや手作りの結婚相談所を利用しましょう

全国に広がる結婚相談所

結婚相談所の新聞広告をしばしば見かけるようになりました。最近では中高年向けの結婚相談所や、エグゼクティブ結婚相談所などの広告も目につきます。中には一面を使って大々的に広告を展開をしている企業もあります。結婚産業は不況に強いため、使った広告費に見合うだけの需要があるということなのでしょう。


こうした大手の結婚相談所も含め、結婚相談所は全国に約5,000以上あると言われています。会員をたくさん抱え、コンピューターなどを駆使して結婚情報を提供する大手企業から、旧来の家庭的な手作りお見合いの形式を引継ぐ業者まで、その形態はさまざまです。


コンピューターか手作りお見合いか

インターネットを利用した結婚紹介所では、コンピューターなどに入力されている条件を検索することで、瞬時にして希望のお相手を探しだすことができます。時代の最先端をゆくこうした結婚相談所では、入会者が入会時に入力したデータを元に、お相手を毎月数名定期的に紹介してくれたり、お見合いパーティ、結婚に関するセミナーの開催など、入会者のニーズに応えるためのさまざな企画が工夫されています。さらにネットでの婚活なら24時間可能。忙しい人にとっては使い易い結婚紹介所と言えるでしょう。難点として、ちょっと合理的すぎるということがあるかもわかりません。


もっと細かく面倒を見て欲しいと思う方には、40年近い歴史があり、全国ネットで展開しているフランチャイズ形式の結婚相談所である全国仲人連合会などのほうが良いかもわかりませんね。お仲人さんを介しての昔ながらの手作りお見合いを基本としていますから、相談員が入会時から結婚に至るまでの期間、細かくフォローし続けてくれます。お見合い交渉、日取り、立会いなどに関するアドバイスや、おつきあいのプロセスでの悩み事などにも相談に乗ってくれますから、性格的にちょっと控えめなタイプという方は、こうした結婚相談所を利用されてみてはいかがでしょう。

2つ以上の結婚相談所を訪問しましょう

結婚相談所との相性が良いと、不思議と成婚率は高くなるそうですから、自分の性格やライフスタイルに合った結婚相談所を選びたいものです。結婚相談所の利用を決心したら、いろいろなタイプの結婚相談所の特性を調べ、最低2つ以上の結婚相談所を直接訪問してみることをお勧めします。


相談員さんの説明に納得できたら申し込むようにしてください。ついでに、相談員の対応もしっかり観察してくださいね。結婚相談所の質がある程度わかりますよ。

会費はきちんと確認を

相談所によっては入会の際に会費が必要となります。入会金がかなり高額な場合もありますし、一旦納入した会費は返金しないというケースもありますから、そのあたりはしっかりと確認しておくことが大切です。


会費にみあったサービスが受けられれば問題はありませんが、中には数十万円の入会金を払ったにも関わらず、月に2回紹介されるはずのお相手が紹介されなかったため、退会を余儀なくされたなどという話もしばしば耳にします。事前に契約書を確認した上で、業者は慎重に選ぶようにしましょう。最近では口コミ情報をネット上で検索することもできますから、活用してみてはいかがでしょうか。

QLOOK ANALYTICS