お見合いから交際そして結婚まで

交際を始める

お見合いしたお相手との交際を希望する場合には、仲介者に「先方がよろしければ、お付き合いをさせて頂きたい」と伝え、先方の気持ちを確認して頂くようにしましょう。この場合、お見合いをした直後に交際を申し込むのではなく、必ず一呼吸置いてから交際を申し出ることをお勧めします。


お見合いのお返事はなるべく早く差し上げるのが礼儀ですが、第三者の意見を聞いたり自分の気持ちを再確認したりといった作業をした上で、冷静に結論を出すようにしましょう。


迷いがあるときには即答を避け、仲介者にお礼の気持ちを伝えた上で、返事に多少の時間を頂きたいということを申し出ておくようにします。ただし、無駄に時間を引き延ばすのはルール違反です。できるだけ早くお返事を差し上げるようにしてください。逆に、お見合いの席で意気投合してしまったという場合であっても、二人でさっさと交際を始めてしまうのはマナー違反です。必ず仲介者を通して交際を始めるようにしましょう。


交際期間は3ヶ月が目安

お付きをしてみたいという気持ちがお互いの中に確認できたら、いよいよ交際の始まりですね。お見合いの場合はあくまでも結婚を前提としたおつきあいになりますから、恋愛を楽しみながらも、結婚したらどういう家庭が築けるだろうということを常に念頭に置き、お互いの気持ちをしっかりと確認し合いながら交際を進めてゆくようにしましょう。


お見合いの場合の交際期間は3ヶ月が目安です。遅くとも6ヶ月ぐらいの内には結論を出すようにしましょう。交際を無闇に長引かせるのは迷っているかのような印象を与えますから、お相手の心を傷つけることにもなりかねません。お見合いをしておつきあいを始めたからには、結婚についての早急な決断が求められていると思ってください。結婚がどうしても決められないようなら、適切な時期にお断りをする勇気も必要です。

お互いの家族を紹介しましょう

結婚したいという気持ちが固まったら、なるべく早くお互いの家を訪問しあい、家族に紹介しましょう。結婚は二人の気持ちがもちろん一番大切なことには違いありませんが、家族の理解や協力も必要になってきます。相手の家族と上手くやっていけるかどうかということも、結婚生活を円滑に送る上ではずせないチェックポイントです。もちろん人それぞれですが、お見合い結婚の場合「家対家」という概念がいまだに健在であることも、忘れないでおきましょう。


お相手の家族と会うということについては、もうひとつ違った意味合いがあります。育った環境があまりにも違いすぎると、次第に価値観のズレを感じるようになり、結婚後に破綻を招くことにもなりかねません。どのような家族の中で育ったのか、どのような環境の中で暮らしていたのかを知ることも、お相手を深く理解する上で大切なことなのです。


QLOOK ANALYTICS