お見合いから交際、そしていよいよプロポーズ

女性だってプロポーズ!

お見合い後におつきあいを重ね、この人となら結婚しても上手くやってゆけそう!結婚したい!・・・そうと思ったらいよいよプロポーズです。


プロポーズは今なお男性からするものと思っている方も多いようですが、最近は女性が積極的にプロポーズをして結婚したというケースもずいぶん増えてきています。「待つ女性」というのはもう流行遅れなのかもしれません。


プロポーズは慎重に

お見合いの後、「何回目のデートでプロポーズをするのが適当でしょうか?」という質問をされる方がいらっしゃいます。それこそ千差万別、デートの初日にプロポーズをしたという方もいますし、半年、一年の交際を経てからプロポーズしたという方までいろいろ。ケースバイケースですが、あまり性急にプロポーズをすると、結婚をあせっているような印象がしておもわず引いてしまいますし、そうかといって、なかなかプロポーズしなければ優柔不断な人という印象を与えてしまうことにもなりかねません。


プロポーズをするのは、お見合いから結婚までの期間が3ヶ月後から6ヶ月後という方が一番多いことから考えるに、それぐらいが理想なのかもわかりません。3ヶ月ぐらいおつきあいをすると、第一印象と違ってきたり、意外な素顔が見えるようになってくるものです。人間の心は奥深いものですから、表面的なものだけで判断すると見誤ることがあります。おつきあいをしてみないとわからないことはたくさんありますから、あせらずに、お相手と気持ちを交流させる時間を楽しみましょう。

プロポーズはセンスの良い言葉で

プローズの言葉で一番多いのは、ズバリ「結婚しよう」だそうです。それに続くのが「ずっと一緒にいよう」「僕についてきてほしい」というものだそうですから、昔からプロポーズの言葉というのはあまり変わっていないようですね。ちょっとお洒落な言葉を探して、お相手のハートを射止めてみてはいかがでしょう。


NPO法人地域活性化支援センター主催の、『2007年 プロポーズの言葉コンテスト』で最優秀賞に選ばれたプロポーズの言葉は、「今ならもれなく一生幸せ保証付きでお買い得です!」というユーモアに溢れたものだったそうです。お相手の女性、思わず「買います!」と言ってプロポーズを受けたそうですが、こんなユーモアのセンスを持ったカップルなら一生幸せに過ごせそうですね。Good Luck!!

QLOOK ANALYTICS