男性が女性に求める結婚の条件は家庭的なこと

女性が男性に求める結婚の条件は「年収」

女性が男性に対し、結婚の条件として必ずあげるもののひとつが年収です。30代の女性の場合、年収500万円以上という条件が半数以上になるそうで、なかには1,000万円以上の収入を求めている女性も少なくないそうです。


とは言え、30代前半の男性で500万円の年収をクリアできるのは、半数にも満たないのが現状ですから、現実はかなり厳しいようですね。まして年収1,000万円以上ともなると、その希望に応えられるのは全世代を通してもわずか10パーセントになってしまいますから、理想の結婚相手を、年収だけに照準を当てて探そうとすれば、お相手はなかなか見つからないということになるわけです。


男性が女性に求める結婚の条件は「家庭的」

では、男性が求める女性の条件とはどのようなものでしょう。その筆頭は、今も昔も変わらず「家庭的な女性」なのだそうです。料理、洗濯、掃除といった家事が手際よくこなせ、子供を育て、しっかり家庭を守ることができる女性、それが古今東西を問わず男性の永遠の憧れなのかもしれません。


ところが最近ではこうした条件以外に、「ギャンブルをしない女性」「浮気をしない女性」「経済力があること女性」が求められるようになっているそうです。こうした条件は、これまでは女性が男性に求めていたものですから、時代は変わってきているのですね。

専業主婦が一番?

家庭的な女性なら周囲にもたくさんいますが、それに加えて経済力も要求されるとなると、女性の負担だけが大きくなってしまいそうです。家事をやり育児をこなし、さらに経済的にもということになれば、結婚には相当の決断が必要になります。自分らしい生き方ができない、自由が束縛されてしまう、それが最初からわかっているのですから、女性が結婚を敬遠してしまうのも無理はありません。


そうした男性の期待に反し、最近では、結婚後に専業主婦になれるかどうかを結婚の条件とする女性が増えてきています。専業主婦は、妻が仕事を持たない、収入を得ないことが大前提になりますから、そのためには夫の収入が安定している必要があります。専業主婦というのは夫にそれ相応の収入があり、経済的に不自由ない生活が送れるということの証ですから、言い換えれば「セレブ」ということにもなるわけです。


家庭的な女性を結婚の条件にしたのであれば、男性はそれ相応の収入を確保する覚悟が必要ということのようです。

QLOOK ANALYTICS